クラシノカタチ

2016/03/24

Candle Nightレポート「スリランカ料理 昼の部・夜の部」/3.19 in沼津iSAI

コラム // 山田 祐子

Candle Nightレポート「スリランカ料理 昼の部・夜の部」/3.19 in沼津iSAI

スリランカ料理を召し上がったことはありますか?

様々な国の料理を身近に食べられる時代ですが、私たちにとってインド料理や
タイ料理ほどには馴染みがないかもしれません。


では、アーユルヴェーダはご存知でしょうか?

美容や自然治癒力に敏感な女性でしたら、名前はご存知の方も多いと思いますが、
その効用はどんなものなのでしょうか。


3月19日(土)、沼津モデルハウスiSAI & Cafe LDKで開催したキャンドル
ナイトは、「世界のLDK料理 スリランカ料理×ORINO CANDLE」と題し、
本場スリランカの味と文化を知るきっかけの場となりました。


たくさんの方にご参加いただけるよう二部構成とし、昼の部ではスリランカ
プレートランチ、夜の部ではORINO CANDLEさんの色鮮やかで幻想的なキャンドル
の灯りのもと、スリランカディナーをご用意して皆さんをお迎えしました。

沼津iSAIでは本格的なカフェ、Cafe LDKがオープンしてから、通常のランチ営業
のみならず、毎月開催しているキャンドルナイトでもシェフこだわりのできたての
温かな料理を提供できるようになり、カフェ常連客からキャンドルナイトファンの
皆さままで大変ご好評をいただいております。

今回は、昨年開催した「トルコ料理ナイト」に引き続き、世界のLDK料理として、
また、身体に優しい素材にこだわるカフェとして、シェフが今注目の「スリランカ」
にスポットを当てた満を持しての開催です。

素晴らしいことに、スリランカの国民的アーユルヴェーダカンパニー、
「シッダーレーパ・アーユルヴェーダ リゾート&スパ」マーケティングマネージャーの
ウシャーン・エディリシンハ氏をお招きする機会を得、スリランカの文化や料理
についての貴重なお話を聞きながら、スリランカ料理を楽しんでいただきました。

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(科学)を
組み合わせた「生命科学」という意味を持つ古代インド文明に発祥する伝統医療です。
スリランカでは紀元前3世紀にインドより伝来、スリランカ固有の伝統医学と混じり
合いながら発展してきました。

ウシャーンさんのお話によると、本場スリランカでは医療、治療というよりどちらか
というと病気予防や未病のための考え方として一般家庭でごく普通に取り入れ
ている文化なのだそう。

アーユルヴェーダには「小さな病は家庭にある香辛料で治る」ということわざが
あるように、家庭でも手に入れることができるような自然の原料を使ってセルフケア
を行っています。

主なデイリーケアは、なんといっても食事です。
毎日の暮らしに欠かせない「食」にこだわってこその健康といえるのです。

スリランカ料理の特徴は、多種多様なスパイスとスリランカ特有のハーブ使い。
今回、ウシャーンさんが本場から持参してくださったのは、スパイスやハーブ10数種類。
日本ではなかなかお目にかからないカルピンチャ(カレーリーフ)、ランパ、
グリーンカルダモン等々。マスタードや胡椒、シナモンも日本のものとは違うようでした。

驚くことに、意外なものに日本との共通点がありました。
代表的なカレー料理に必ず使われる「モルジブフィッシュ」は、日本でいう鰹節
(鰹節削り機で削る本枯れ節)とほぼ同じもの。

日本と同様に旨みを出すために使われています。

今回、ウシャーンさんとCafe LDKのキャプテンシェフが共同考案したメニューは、
・スリランカでも定番!チキンカレー
・シャキシャキ食感が楽しい蓮根カレー
・春キャベツのマスタードソテー


まず、香りだけで食べる前から食欲が刺激されます。

同じカレーでも種類が違うカレーによって使われるスパイスやハーブが変わるので、
味のバリエーションが楽しめます。肉も野菜もそれぞれが引き立つ美味しさ。
辛いですが旨みとコクがあり、クセになる味わいです。

大人だけでなく、箸ならぬスプーンが進むお子様もいらっしゃいました。

発汗作用で新陳代謝が促され、デトックス効果があることは間違いありません。

ウシャーンさんのおかげで天然100%のハーブティーとともにこれを毎日摂取する
こと自体がアーユルヴェーダの一環なのだと知りました。

夜の部のキャンドルナイトには7組約30名のお客様をお迎えし、沼津を中心にご活躍中の キャンドルアーティストORINO CANDLEさんの幻想的な灯りに包まれながら、ウシャーンさん とご歓談いただきました。 料理やアーユルヴェーダのことはもちろん、世界遺産や国民性、お国事情について
など皆さまからもたくさんのご質問をいただき、スリランカをより身近に感じること
ができたのではないでしょうか。

今回のゲスト講師、ウシャーンさんが所属するスリランカの「シッダーレーパ」
はアーユルヴェーダの普及を掲げ、製薬メーカー、病院、ヘルスリゾート、スパ
を経営する総合アーユルヴェーダカンパニーです。

健康食品や日本でいうタイガーバームのような万能軟膏「シッダーレーパバーム」、
サプリメント、石鹸、シャンプーなど天然素材を原料とした安心できる製品を扱う
他、リゾート&スパは環境へ配慮がなされた設計の世界に認められた一大リゾート です。

スリランカ旅行の際には、ぜひ心身ともに癒されてみてはいかがでしょうか。

 シッダーレーパ・アーユルヴェーダ公式HP

過去の記事

facebook Culas+[暮らすプラス]

第一建設株式会社

トップページ   >    クラシノカタチ   >   【コラム】Candle Nightレポート「スリランカ料理 昼の部・夜の部」/3.19 in沼津iSAI

PAGE TOP